CAMKブログCAMK Blog

美術館の日常のあれこれをお伝えします。

第178回 詩の朗読会

2018.11.22 ,

11月は、中国のアートシーンをご紹介する展覧会「魔都の鼓動展」にちなんで、「龍」をテーマに詩作が発表されました。今回は、飛び入り2名を含む11名の方がご参加下さいました。

架空の生き物である「龍」から浮かんでくるイメージはさまざまに、「タツノオトシゴ」から海の風景を描く詩や、
松谷みよ子さんの児童文学「龍の子太郎」について語られた方もおられました。

また、発表も幅広く、恐ろしい龍の姿が伝わってくるような臨場感の語りや、音楽とともに試作を発表したりと、
幅広い読み方でより詩の中の物語が伝わってきました。

次回はクリスマス間近の開催。12月20日(木)18:00~、テーマは「誕生」です。
ご来場お待ちしております。

カテゴリ別一覧Categories

月別アーカイブArchive