CAMKブログCAMK Blog

美術館の日常のあれこれをお伝えします。

CAMKアートプログラム「レインボーマン・ワークショップ 虹色大作戦」〈準備編〉

2019.12.17 , , , ,

12/19(木)に一新小学校にて行われるレインボーマンのワークショップの準備に、前日12/18(水)の夕方から、レインボーマンと保護者の方・先生方・美術館職員・CAMKボランティアと全13名ほどのメンバーで取り掛かりました。
事前に子供達より届いた虹のイラストをもとに、レインボーマンが今回のレイアウトを作成。そのレイアウトを中心に準備を進めていきます。


何もない体育館が、これからどんな様子になっていくのか、、ドキドキしながら作業開始です!

まず、体育館内2階の柱と柱を7色のスズランテープでつなぐ作業からスタート!片側に括り付けたテープを1階の人に渡し、そのまま反対側の2階の人にまでつなげてもらいます。

柱に括りつけることもなかなか難しく、最初は混乱して結び直すことも、、また、1階から2階に渡す際もクルクル回るテープの扱いにコツがいり、すぐ落ちてしまうということもありました。

慣れてきたころには、綺麗なテープが並んできていました。


一方で、ポールとポールの間を行ったり来たりし、ひたすらテープを巻き付けているチームも!ぐるぐる巻きつける作業に目が回りそうです。
この作業で出来たテープの束は、角を切断。その後、2階の人に渡し、柱に括りつけて上からテープをたらします。このテープがどうなるかは本番のお楽しみ♪

保護者の方や、先生方がテープと葛藤している間、レインボーマンは床に何やら模様を描いています。
さて、何をしているのでしょう……?

そんな謎を多く残し、翌日が楽しみのまま準備は終了。
気づけば、体育館内にはすでに小さな虹がかかっていました。
ワークショップ当日の様子は〈本番編〉をご覧ください。

協力:タキロンシーアイ株式会社

カテゴリ別一覧Categories

月別アーカイブArchive