第32回熊本市民美術展 熊本アートパレード

第32回熊本市民美術展 熊本アートパレード

出品受付:
2020.9.2(水)・ 2020.9.13(日)
展覧会期:
2020.9.26(土)〜 2020.11.1(日)

15歳以上(中学生は除く)の熊本市在住・在学・在勤者または熊本市出身者なら誰でも無審査で出品することができるアンデパンダン形式の公募展です。

基本情報

テーマ

「ポスト投函サイズ」であること

出品受付

2020年9月2日(水)〜 9月13日(日)[必着]
熊本市現代美術館へ郵送もしくは直接持参

展覧会期

2020年9月26日(土)~ 11月1日(日)

休館日

火曜日

開館時間

10:00 ~ 20:00(展覧会入場は19:30まで)
※最終日は17:00に閉場

会場

熊本市現代美術館 ギャラリーⅠ・Ⅱ

入場料

無料

審査員

明和電機

主催

熊本市現代美術館[熊本市・公益財団法人熊本市美術文化振興財団]

審査員プロフィール

明和電機

明和電機

土佐信道プロデュースによる芸術ユニット。青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、様々なナンセンスマシーンを開発しライブや展覧会など、国内のみならず広く海外でも発表。音符の形の電子楽器「オタマトーン」などの商品開発も行う。2016年1月には中国上海の美術館McaMで、初の大規模展覧会を成功させた。2018年にはデビュー25周年を迎え、大分、長崎での個展を開催した。

明和電機によるテーマ発表動画

明和電機によるテーマについての説明

芸術作品の要素は大きくふたつあります。ひとつは「なに“を”表現するか」(コンテンツ)。
もうひとつは「なに“で”表現するか」(メディア)です。たとえば花を描いた絵画があるとします。それはある芸術家が花を見て感動し、その美しさを描きたい!と思って花の絵を描いたものです。この感動して描きたい!と思った部分が「なに“を”表現するか」という部分です。
芸術において、もっとも大切なことは、自分自身で「コンテンツ」を見つけることです。そこが芸術の本質であり、たくさんの芸術家がそこで悩み、試行錯誤をし、独自の表現を見つけていきました。では「メディア」に関しての課題を決めるのはどうか、と考えたとき、これならばいけそうな気がしました。そこでさらにピンとひらめいたのが「ポスト投函サイズ」でした。
応募されるみなさんの作品は、絵画・彫刻・書・映像・メディアアートなど様々だと思いますが、それらがすべて「ポスト投函サイズ」というメディアの課題を通して美術館に集まるというのは、なんとも見てみたい世界です。この美術展を通して、芸術における「コンテンツ」と「メディア」の多様性について、ひとつの視点が見えてくるのではないか?と思いました。
みなさまのご応募をおまちしています。

全文はこちら

作品募集要項

テーマ

「ポスト投函サイズ」であること
今回の熊本アートパレードは、受付時の作品の規格(サイズ等)をテーマとして設定します。作品内容についてのテーマは自由とします。

応募資格

15歳以上(中学生は除く)の熊本市在住・在学・在勤者または熊本市出身者

出品条件

  • 「ポスト投函サイズ」=34cm×25cm×3cm以内、重さ4kg以内
  • ○作品はたたんだり分解したりすることで上記のサイズ以内の箱に収まれば可。展示の際には開梱して展開します。
  • ○作品受付は、当館への郵送もしくは直接持ち込みによるものとします。いずれの際にも、上記のサイズ規定に適した箱に収納してご応募ください。
  • ※日本郵便の「レターパックライト」やヤマト運輸の「ネコポス」用の箱は、上記の規定サイズを満たしています。
  • ○作品に必要なものは基本的に全て「ポスト投函サイズ」の箱に収めてください。ただし、展示にあたり必要な工具やヒートンなどの展示用品は、別途持ち込み可とします。
  • ○展示した状態の作品の写真と展示指示書を必ず同梱してください。
  • ○映像等を使用する際には、モニター及び再生用機器は各自用意し、機器再生の手順書を添付してください。なお、上映機器は「ポスト投函サイズ」の箱とは別途で持ち込むことが可能です。作品の映像等のデータはUSB等のハードに入れて「ポスト投函サイズ」の中に収まる形でご応募ください。
  • ○作品は撤収時に再び「ポスト投函サイズ」に収められるようにしてください。撤収作業は、作品返却時に出品者もしくはその代理人が各自行うこととします。
  • ○一点の作品で占有できる床面積は3m×3m以内とします。(天井高は4.5mです。その高さは最大限使用していただいて結構です。)
  • ○当館の制約上、ご応募いただいた展示プランを完全な形で実現することが困難な場合が考えられます。その場合は、出品者と当館の相談により処置を決定することとします。
  • ○各作品の受付時に使用した「ポスト投函サイズ」の梱包箱は会場で作品とともに展示します。(個人情報は公開されないよう処置いたします。)

募集要項・出品申込書

熊本市現代美術館・熊本市役所・各区役所・各まちづくりセンターなどに、募集要項・出品申込書を設置します。また、以下のPDFファイルをプリントアウトして使用することも可能です。その際には、出品申込書(下記PDF3番目)はかならずA4サイズで出力してご利用下さい。

※PDFファイルの閲覧・印刷には無償のAdobeReaderが必要です。(AdobeReaderダウンロードへ

出品受付

出品受付日時

2020年9月2日(水)〜 9月13日(日)[必着]

出品受付場所

※びぷれす熊日会館3階の熊本市現代美術館の正面玄関よりお入りください。
※車をご利用の場合は近隣の駐車場をご利用ください(提携の駐車場はありません)。

出品方法

作品を入れた箱に出品申込書を同梱し、上記の期間中に当館へ郵送するか、もしくは当館まで直接ご持参ください。直接持参する方は開館時間中にご来館ください。
※9月8日(火)は休館日です。

展示作業

展示作業は基本的に、出品者が提出した展示指示書に従って当館スタッフが行います。出品者自身による展示作業を希望する際には、出品申込書にその旨を記載し、以下の日時の範囲内で当館展示室にお越しください。

2020年9月19日(土)、20日(日) 各10:00 〜 17:00

  • アートパレード大賞(熊本市賞):1点(賞金5万円)
  • 熊本市現代美術館賞:1点(賞金3万円)
  • 審査員特別賞(明和電機賞):1点(賞金3万円)
  • 井手宣通賞:1点(賞金3万円)
  • 優秀賞:5点(賞金各1万円)
  • 奨励賞:10点(記念品)
  • オーディエンス賞:1点(ムーミン展ペア招待券)

フリー部門

今回のテーマ「ポスト投函サイズ」作品のほか、フリー部門として以下の規格の作品を同時に募集します。フリー部門の作品も「熊本アートパレード」の出展作品として全て展示を行い、その中から当館学芸員が「CAMK奨励賞」5点を選出します。(「アートパレード大賞」(熊本市賞)をはじめとする上記の各賞は、「ポスト投函サイズ」作品のみが対象となります。)

規格

[平面](洋画・日本画・版画・デザイン・写真・書など)
  • 形式①:110cm以内 × 110cm以内
  • 形式②:170cm以内 × 50cm以内
  • ※ヒートンなど展示に必要な金具をつけ、展示可能な状態としてください。
  • ※作品の表面保護が必要な場合はアクリルを使用してください(ガラス不可)。
  • ※規定サイズ内ならば、連結された組作品も可。
[立体](彫刻・工芸など、ただし生け花を除く)
高さ、幅、奥行ともに100㎝以内で、重さ50㎏以内
[映像]
上映時間は20分以内で、スクリーンサイズは50インチ以内
※モニター及び再生用機器は各自用意し、機器再生の手順書を添付してください。

出品受付日時

2020年9月19日(土)、20日(日)各10:00 ~ 17:00

※「ポスト投函サイズ」作品の受付日とは異なります。ご注意ください。

受付場所

熊本市現代美術館 ギャラリーⅡ

注意事項

  • ○出品点数は出品者1名につき「ポスト投函サイズ」作品と「フリー部門」に各1点までとします。
  • ○材質、形状、技法については基本的に制限しませんが、虫菌害予防のため、食品や生花、ドライフラワー、流木、土などの使用は禁止します。
  • ○作品受付の際に、作品の安全性・衛生上の問題や公序良俗に反する点が認められる場合は、出品をお断りすることがあります。
  • ○展示・設置場所に関する異議は受け付けません。
  • ○出品は1年以内に自身が創作した作品で、かつ受賞歴のないものに限ります。

作品返却

作品返却日時

2020年11月1日(日)17:00 ~ 19:00
2020年11月2日(月)10:00 ~ 13:00、16:00 ~ 19:00

返却場所

熊本市現代美術館 ギャラリーI

返却方法

ご来場時に作品の受付番号をご申告ください。お引き取りがない場合は、着払いにて返送します。