ミュシャ展 マルチ・アーティストの先駆者

RKK開局70周年記念
ミュシャ展 マルチ・アーティストの先駆者
Alfons Mucha : Multitalented Artist

2024.2.10()〜 2024.4.7(

アール・ヌーヴォーの代表的な画家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、サラ・ベルナールの演劇ポスター「ジスモンダ」など魅力的で自信に満ちた女性を描いた数々のポスター作品で知られていますが、実際に彼が手掛けたジャンルは非常に多岐にわたりました。本展では、特にデザインの仕事に着目することで、マルチ・アーティストとしてのミュシャの先駆性を紹介します。
チェコ在住のズデニェク・チマル博士のコレクションから、劇場ポスター、書籍の挿絵、ポストカード、お菓子や香水のパッケージ、宝飾品などを中心に、油彩画、水彩画、素描、写真まで数々の貴重な作品を一堂に会し、ミュシャ芸術の全貌をときあかします。
本展出品作品点数169点、うちチマル・コレクションとしての日本初公開作品は約90点です。

作家について

アルフォンス・ミュシャAlfons Mucha(1860-1939)

1860年、オーストリア=ハンガリー帝国領南モラヴィア地方(現・チェコ共和国南東部)のイヴァンチッツェに生まれる。1885年、ミュンヘン美術アカデミーに入学する。1887年、パリでアカデミー・ジュリアンに入学する。1894年、人気女優サラ・ベルナールの演劇「ジスモンダ」ポスターを手掛ける。1895年、「ジスモンダ」のポスターが有名になり、サラ・ベルナールと正式に契約。その後6年間にわたり、ポスター、舞台装置、ジュエリーなどのデザインを担当。アール・ヌーヴォーを代表する作家となる。1900年、パリ万博のボスニア=ヘルツェゴビナ館のデザインを担当。銀賞受賞。1910年、チェコに帰国、ズビロフ城をアトリエとする。1911年、《スラヴ叙事詩》シリーズの制作を開始する。1918年、オーストリア=ハンガリー帝国が崩壊し、建国されたチェコスロヴァキア共和国の国章、郵便切手、紙幣をデザインする。1928年、《スラヴ叙事詩》全20点をプラハ市に寄贈。1931年、プラハ城内聖ヴィート大聖堂のステンドグラスをデザインする。1939年、プラハにて逝去。

チマル・コレクションについて

ズデニェク・チマル博士MUDr. Zdenek Trimal

ミュシャの故郷チェコ共和国モラヴィアに住む医師のズデニェク・チマル博士は、個人コレクターとして、両親と祖父母からミュシャのコレクションの基礎を受け継いだ後、ミュシャの作品と生涯に対する熱狂的な関心によって、ミュシャの人生と作品の全体像を示す他では類を見ないコレクションを築きあげました。博士のコレクションは2009年の企画展「アルフォンス・ミュシャ ―ベル・エポック、チェコの巨匠」展(ブルノ、チェコ)で初公開されて以降、チェコ共和国内、ハンガリー、日本の多くの都市で展覧会が開催されています。

出品作品について

ポスター「ジスモンダ」1894年、リトグラフ/紙
ポスター「椿姫」1896年、リトグラフ/紙

みどころ解説:本展では7つの最も重要な演劇ポスターが出品されていますが、それらすべては当時のパリの人気女優サラ・ベルナールに着想を得たもの。最初のポスター「ジスモンダ」で大評判を得、サラ・ベルナールとの(今で言うアーティスティック・ディレクター的)長期独占契約を得たことをきっかけに、ミュシャはアール・ヌーヴォーを代表する作家となりました。

ポスター「黄道十二宮」1896年、リトグラフ/紙

みどころ解説:絵を描くことが好きな人たちが、一度は模写してみたいと思うようなミュシャらしいモチーフが詰め込まれた作品のひとつ。女性の頭部の背景に描かれる後光に似た輪(サークル)、煌びやかで凝った金属細工の装飾品、有機的かつ優雅に流れる長い髪の毛(当時なんと「マカロニ」と嘲笑されたことも!)、豊かに茂る草木や花、非ヨーロッパ文化への憧れを匂わせる星座モチーフなど。

装飾皿「ビザンティン風の頭部:ブロンド」1898年、エナメル塗装/金属

みどころ解説:もともとは装飾パネルとして考案された図像が用いられています。裏側に壁掛け用のフックがついているエナメル塗装された金属皿で、室内装飾品として制作されました。ブロンドとブルネットの2枚一組、25フランで販売されたそうです。いまの時代でも全く古びて見えないカラーリングとサイズ感です。

連作装飾パネル「一日:朝の目覚め」1899年、リトグラフ/紙

みどころ解説:この作品は、最も有名で美しい連作装飾パネルのひとつであり、ここにミュシャ芸術の完成形が示されています。ゴシック様式の窓の中にいる若い女性たちは、それぞれ朝・昼・夕べ・夜と一日の異なる時間帯を表しています。
本展では前売券チケット3種にこれらの作品を用いましたので気になる方は要チェック!

ルフェーヴル=ウティール社ビスケット(ブドワール)缶のパッケージ、1900年、リトグラフ/金属、紙

みどころ解説:ルフェーヴル=ウティール社は1846年に、フランス西部ナントで創業したフランス上流階級に好まれたお菓子のブランドです。ミュシャは定期的にデザインを提供しており、ポスターやお菓子のパッケージを手がけました。ブドワールとは上流階級の女性達のプライベート・スペースを指しますので、描かれた女性はリラックスした装いです。

油彩画「エリシュカ」1932年、油彩/カンヴァス

この肖像画は、ミュシャの友人の建築家ヤロスラフ・ヨゼフ・ポリーフカの娘、エリシュカ・ポリーフカ(1914-2002)が描かれています。エリシュカは16歳で、チェコの民族衣装を着ています。会場内にはこの衣装を着て同様のポーズを取るエリシュカの写真も展示されていますので、ぜひお見逃しなく。

すべてチマル・コレクション

熊本展イメージソング

YOASOBI「ミスター」

同会場内での関連小企画

「熊本市現代美術館コレクションにみるマルチ・アーティスト」
出品作家:天野喜孝、草間彌生、蜷川実花、横尾忠則(50音順)

出品作品リスト(PDF形式)

展覧会情報

開催期間

2024年2月10日(土)-2024年4月7日(日)

休館日

火曜日

開館時間

10:00 - 20:00(入場は19:30まで)

会場

熊本市現代美術館

観覧料

一般:
1,500(1,300)円
シニア〔65歳以上〕:
1,200(1,000)円
学生〔高校生以上〕:
1,000(800)円
中学生以下:
無料

※各種障害者手帳をご提示の方と付き添いの方1名無料(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等)
※()内は前売/20名以上の団体/電車・バス1日乗車券、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証/美術館友の会証をご提示の方。
※前売券は2023年12月18日(月)~2024年2月9日(金)まで販売

チケット取扱い

熊本市現代美術館、ローソンチケット(Lコード82717)セブンチケット(セブンコード103―557)楽天チケット ほか

主催

ミュシャ展熊本実行委員会(熊本市現代美術館[熊本市、公益財団法人 熊本市美術文化振興財団]、RKK熊本放送)、熊本日日新聞社

特別協賛

協賛

岩崎鞄店、岡田珈琲、瑞鷹

後援

熊本県、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、熊本県文化協会、熊本県美術家連盟、熊本国際観光コンベンション協会、NHK熊本放送局、J:COM熊本、エフエム熊本、FM791

企画制作

MBSテレビ

プレスリリース